キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不動産担保ローンのリスクは資産を失ってしまうこと : 不動産担保ローンがよくわかる

不動産担保ローンのリスクは資産を失ってしまうこと

不動産担保ローンがよくわかる

不動産担保ローン最大のリスクは、返済不能時には不動産という大きな資産を失ってしまうことです。

不動産担保ローンがよくわかるのメインイメージ

不動産担保ローンのいリスクは資産を失ってしまうこと

良いことづくめの不動産担保ローン。

資金が不足していて諦めていたことも、不動産担保ローンのおかげで諦めずに済むかもしれません。

しかし、不動産担保ローンを借りる前に把握しておきたいのがリスク。

残念ながら、不動産担保ローンは良いことばかりではありません。

不動産担保ローン最大のリスクと言えば、

「不動産」というとても大きな資産を失ってしまうかもしれないということ。

当たり前のことですが、不動産を担保としているわけですから、返済ができなくなってしまったらその担保としている不動産は手放すことになり、金融機関はその不動産を売って資金を回収します。

ただ、不動産を売ることだけで返済不能分を賄えれば良いですが、

不動産というのは価値が一定しているものではありません。

つまり、返済不能になったときに不動産の価値が下がってしまっていたら、

場合によっては不動産で賄いきれない分をあなたが支払わなければいけなくなるのです。

そう考えるとかなりハイリスクですよね。

不動産はなくなるわ、借金はできるわ、となると大変です!

しかし、メリットも非常に多い不動産担保ローン。

検討はもちろんおススメしますが、あなた一人で検討するのではなく、

弁護士や司法書士などの専門家にしっかりと相談し、

無理のない返済計画を立てた上で不動産担保ローンの利用を決めましょう。

また、不動産担保ローンを取り扱っている金融機関には悪徳業者も存在します。

悪徳業者に引っかからないために、しっかりとリサーチしてください。

◆参考サイト:【悪質業者の被害にあわないために】日本貸金業協会

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトコンテンツ

メールフォーム

あなたの声をお聞かせください!

お名前

性別

年齢

メールアドレス

内容